JavaScriptでスマホアプリもどき

先日公開した「みんな大好き!くじ引きメーカー」を作ってみて思ったこと。

とにかくスマホアプリっぽいのを少ない工数で作りたかったので、JavaScript+CSS+HTML5だけで実装した。
この方法の良かった点と良くなかった点をまとめてみました。

●良かった点
 ・JavaScriptなので、ビルドとかいらない。故に工数がかなり減らせる。
 ・審査とか全くないので、不具合があればすぐに直せて反映できる。
 ・スマホ限定でなく、PC向けも同時開発できる。
 ・Webプログラマーであれば作れる。
●良くなかった点
 ・音の制御がいまいち。特にマナーモードでも鳴ってしまうのが最悪。
 ・画面を縦向き固定にしたかったのだが、できない。
 ・プログラムソースが丸見え。
 ・ブラウザによって、多少動きが違う。

まとめてみて思ったんだけど、やっぱりスマホアプリはXCodeやAndroidStudioでネイティブアプリを作るのが一番かな…。
だけど、工数が減らせるのはかなり魅力的!
あと、メンテナンス性も抜群なので、なしとは言い難い…。

悩ましいところだ。

とにかく少ない工数でできるので、もう一つアプリを作ってみました。
良かったら、こちらもお試しあれ!

みんな大好き!計算ドリルメーカー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です